青汁とコレステロールの関係〜青汁でコレステロールは下げられる?

「青汁」は、健康食品として非常に長い歴史と、そして高い知名度を誇るものです。

健康に不安を抱える多くの人から選ばれているこの「青汁」、コレステロール値とも関係があると言われていますが、それは本当なのでしょうか? そして、本当なのだとしたら、何がどのように効いているのでしょうか?

「コレステロールとは何か」「コレステロールが高いとどうなるのか」ということとあわせてみていきます。

コレステロールってどんなもの?

「コレステロールが高いとよくない」というような話は、だれもが一度は耳にしたことがあるでしょう。では、そもそも、コレステロールとはいったいどんなものなのでしょうか?

コレステロールには、主に2つの種類があります。善玉コレステロールと言われる「HDLコレステロール」と、悪玉コレステロールと言われる「LDLコレステロール」です。「コレステロールが高い」という表現を使う場合、その多くは、後者の「LDLコレステロールが高いこと」を示します。

コレステロールはよくやり玉に挙げられてしまいがちですが、実はこれにはきちんとした役割があります。

私たちの体調や気分を左右するホルモン(男性ホルモン・女性ホルモンの両方)を作る原材料となりますし、消化に関わる胆汁酸を作るための材料としても使われています。また、人間にとって欠かすことのできない「細胞膜」もこれを使って作られています。

適正な量のコレステロールは、人間の体を健康な状態に保つために役立ちます。 しかしあまりにもLDLコレステロールが多くなると、人間の血管にコレステロールが残ってしまい、動脈硬化のリスクを高めてしまいます。

このようなLDLコレステロールを回収していくのが、善玉コレステロールであるHDLコレステロールです。

LDLコレステロールが多いとどうなるか

コレステロールが多くなると、動脈硬化などが起こるリスクが高くなります。70歳以上の3人に1人が、コレステロールが増えている「脂質異常症」の可能性があると言われており、50代でも5〜6人に1人が予備軍です。

コレステロールは、「これ自体が何か悪さをする」というわけではありません。しかし、動脈硬化のリスクを高め、重大な後遺症を残したり、時には死を与えたりするものです。

血清コレステロール値が高ければ高いほどリスクは高くなりますが、血圧とも深い関わりがあります。また、同じ数字であっても、非喫煙者よりも喫煙者の方が死亡する可能性が高いと言われています。

たとえば、60代の人で、収縮期の血圧が260〜280で、かつ喫煙者ではない人が10年後に冠動脈疾患によってなくなる可能性は2〜5パーセントですが、同じ数字の人で喫煙者の場合はリスクが倍以上に増えます。

また、同じ喫煙者・年代・血圧の人であっても、コレステロールの値が高いか低いかによって、冠動脈疾患による死亡確率が5倍以上変わります。このように考えると、「コレステロールのコントロール」がどれほど大切なことであるのかがわかるでしょう。

青汁とコレステロールの関係について

コレステロールの基礎知識を学んだところで、青汁とコレステロールの関わり方を見ていきましょう。

現在、「コレステロール対策ができる」というように銘打った青汁がたくさん出ています。青汁を飲むことは、コレステロールの調整に役立つのでしょうか?

青汁は、たくさんの食物繊維を持っています。この食物繊維は便秘解消のために非常に役立つ成分ですが、コレステロールを押し出す役目も持っています。また、血糖値の急上昇を防ぐ効果も持っています。

不溶性食物繊維(水に溶けない食物繊維のこと)の1つである「キトサン」は特に注目されている成分であり、各社がこれを青汁のなかに配合しています。

また、青汁の主原材料としてよく知られている「大麦若葉」「ケール」なども、非常に豊富な食物繊維を持つものです。これらによる効率のよい便の排出は、コレステロール対策として非常に心強いものでしょう。また、青汁の場合、食物繊維だけでなく、メラトニン(安らかな睡眠を手助けする成分)などが配合されていることもあり、さまざまな角度から「健康」に対してアプローチすることが可能です。

ただ、注意してほしい点があります。 それは、「青汁はあくまで健康補助食品であり、薬ではない」ということです。

現在非常に高いコレステロール値になっており、医師から薬や生活の指導を受けている人の場合、「青汁を飲んでいるから」「青汁がコレステロールを調整してくれるから」「薬はなんとなく体に悪そうだおから」などのように思うことなく、しっかりと薬を飲んでください。脂質異常症は時に死を招きますから、素人判断は極めて危険なのです。

また、可能ならば、青汁を飲む前に一度医師に相談する方がよいでしょう。 私たちを悩ます「コレステロール」。青汁の力も借りて、しっかりと対策していきましょう。